地味婚の方がハートフルで、素敵です。

"私自身の結婚式は招待客250人の派手婚でした。
何せ田舎なもので、主人の実家の招待客が異常に多かったのです。兄妹が多いので親戚も多いのはいいのですが、舅や姑の友達とかご近所さんとか昔の仕事仲間とか、そこまで呼ぶのかと思うくらいたくさんの人でした。お色直しも5回…座っている暇がない。ずっと着替えっぱなしで忙しくてたのしくなかった…招待客のかおも覚えられない…

私の実家の方は申請と友達ぐらいしか呼ばず、お色直しも和装と洋装が一回くらいづつで全体の費用も会費制とかにすれば
二人の貯金で賄えるくらいの披露宴の規模なのです。

いかんよ。派手婚は本人たちのためじゃなく実家の交際のためのお祭りだよ。

で、甥っ子たちの結婚式。
この人たちが入籍しただけで一緒に住み始めました。ほんとに何もしないのか?そんなに披露したくない結婚なのか?と親戚中からぼやかれ、せめてお食事会して近い親戚だけでも顔合わせしようよってことになり、レストランで披露宴しました。

でもお互いの距離が本当に近くて、出席者がお互い話しできて、ほんとにハートフルな結婚式で羨ましかったです。"

関連記事

 
Copyright (C) 婚活+ 【 自分にマッチングした婚カツ探し 】. All rights reserved